優良業者の選び方
遺品整理・優良業者の選び方

優良業者の賢い選び方

※グーグルMAP(遺品整理の口コミ)参照する
※遺品整理士が在籍しているか?
※遺品整理認定協会の優良事業者
※買取、家財評価がキチンとできるか?
※リサイクル資源の有効活用の提案があったか?
※現地調査してきちんと見積書を作成できるか?
※リサイクルショップ運営(買取もできる優良店)
※一括見積サイトを使用しない(裏側で紹介料金が発生)

家財評価を適切にできるか?
  • 不用品回収専門
    買取はできない廃棄するだけの業者は遺品整理の費用も高い傾向にあります。
    ※資産価値ある家電、家具(食器・ギフト・小物など)買取りできない場合もありますので、リサイクルできる会社を選択オススメ致します。
  • 買取の知識があるか?
    家電の買取、家具の買取、ブランド品、装飾品、宝石、時計、絵画、掛け軸、骨董品、古物商の免許がありリサイクルも可能な業者を選択しましょう
  • 海外輸出企業
    日本国内で販売がむつかしい、食器、皿、小物類などリサイクル再生資源でスリランカ、フィリピンなど東南アジアに輸出をしている業者を選択しましょう
  • リサイクル率の高い企業
    仕分け、リサイクル率が高い企業ですとその分、遺品整理の処分料金のコストが他社より企業努力でコストが抑えることが可能です。
  • オークション販売の優良店
    優良業者ですと古道具、中古リサイクルのプロ専門業者がだけが、出入りできるオークション会場にて取引、再生資源のリサイクル可能です。
  • 広告メディア露出の危険性
    テレビCM、国道バイパス等の巨大看板、広告費用が多い分、仕事も多く、広告宣伝費、人件費も多くかかるため、遺品整理の費用も高い傾向にあります。
  • 家財評価アドバイザー
    古物商、遺品整理士、リサイクルショップ、ブランド買取店など、各種免許をもっている業者も一定の安心感はある傾向にあります。
見積の内容内訳もポイント?

遺品整理の見積もり費用で経費の部分はどうなっているの?事前にお調べいただきたい箇所…。

  • ・基本料金+(オプション料金)
  • ・車両代金+(軽トラック、1t車、2t車、3t車、4t車)
  • ・処分するごみの数やサイズ、重量によって決まる単価料金
  • ・清掃(ハウスクリーニング)
  • ・現状回復(クロス張替え、襖張替え、障子張替え)
  • ・供養+(供養、合同供養、お焚き上げ)
  • ・屋外+(庭石撤去、庭木伐採、物置解体)
  • ・回収…処分のみ対応の業者は…そもそも遺品整理では無い
買取業者と上手に付き合うコツ
  • (例えば)家電の場合、清掃・外観をキレイにする
    清掃してキレイにした後は、付属品、説明書、保証書など用意する。再販ができるような高年式家電、また美品であれば、買取業者であれば必ず、お買取してくれるのがポイントです。買取の際は清掃の手間がかからないようにできる限り綺麗な状態にしていれば買取もアップします。
  • (例えば)ブランド品
    ・ギャランティーカード、購入証明、レシート、付属品すべて購入時の物が揃っていると買取査定の金額もアップします。
  • 貴金属、宝飾品など複数お品を同時に見積で
    価値がある物など複数お品の商品点数があれば。買取査定の金額もアップします。
遺品整理が適正な価格かどうか?

そもそも、人件費、処分費用、広告代金、ガソリン代、車両、消耗品、各種経費がどの業者でもかかるため、 あきらかに遺品整理の費用が安い業者は
※不法投棄の可能性もあります。
不法投棄は犯罪です!廃棄物の処分料金が払いたくない。空地や、山や、川に不法投棄した場合、大変なことになります。不法投棄は絶対にやめてください。
廃棄物処理法の規定により5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金
意図的な不法投棄はもちろんのこと、リサイクル料金を払わずに不燃ごみや粗大ごみとして集積所に出すことも不適正処理の一種です。くれぐれも気をつけてください。

領収書の発行を嫌がる業者

極端に遺品整理の費用が安い業者に多く、遺品整理の仕事自体が、不正な営業をしている。
・事業自体、届出をだしていない。
・不法投棄している。
・不正な仕事しかできないので領収書など発行を嫌がる
領収書を発行するためには、会社の拠点情報などを明記しなければいけないからです領収書を発行したくないということです。 反社会的集団は、会社、住所も代表者名も全て虚偽の記載なんてことも、普通なので、お客様自身で自己防衛するしかないということです。 くれぐれも、極端に安い費用や、極端なことは、全て裏があると認識してもいいかと思います。

メールでの対応チェックも重要です!
  • 遺品整理業者のあるある
    現場系、ブルーワーカー。土木工事系、あるある。メールの問い合わせが、ズサン…返信連絡すらこない可能性も…
  • 質問に対する回答
    お客様からの要望は….?見積もりの、日時、遺品整理の実際の日時など、調整してくれるか?
  • 業者のメール対応
    メール返信など、対面せずに、素晴らしい対応をする人は、正確、人柄も良いと思います。
優良業者の選び方のまとめ

優良業者、悪い業者の違い

信用できる遺品整理業者の上手な選び方について、ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。業者選びには、注意していただきたいと思います。 「極端に安い」と思ったらまず考える、「見積書、質問など」業者の顔、言動、行動、態度を十分注意してください。 悪い人間は顔や行動、悪徳な業者には、要注意です。長年反社会的な行動をとっていると。自然に言葉使いや雰囲気にでるものです。直感も大事にしてみてください。もし、ご不安や、遺品整理に関連することが、ございましたらどんなご質問も受け付けております。遺品整理業者をお探しなら当社へご連絡ください
【即日対応、最短で60分以内にお伺いできるエリア】
仙台市(青葉区、宮城野区、若林区、太白区、泉区)、富谷市、多賀城市、塩釜市、利府町の地元の遺品整理士がきちんとお伺いします。
【宮城県内全域】
毎日、各地へ出張しておりますので、
【隣接エリア】
回収担当スタッフ、見積担当スタッフがお近くにいれば、最短ですと30分でお伺いします。お客様のご都合が悪い場合はスケジュールを調整し別日にて調整も致します。
遺品整理のお問い合わ
お問い合わせ
お電話または専用フォームでお気軽にお問い合わせ下さい
お見積り
遺品整理のお見積りは無料です。
回収
ご希望の日時に遺品整理にお伺いします。
遺品整理(ウラ側)
  • 遺品整理のウラ側
    ※一口に遺品整理の仕事といっても、様々な業者がいます。 例えば、ブランドリサイクル買取専門業者の遺品整理であれば、自社でいつも販売している。ブランドバック、小物類だけ、他の業者より少しだけ高く買って逃げ切る….(泣)TVCMしている業者なんか、とくに注意です。
    コマーシャルと実際の裏側は、まあ違います酷いものです。雇われ店長、雇われサラリーマンが、重い冷蔵庫、洗濯機、大型家具、ソファー、ベッド、ダイニングテーブルなど運搬、搬出、車までの積込み、など、やりたくないことは、 サラリーマンは重労働や作業がともなう仕事が嫌なのでやらない。(苦笑)
    価値ある物だけ取って逃げ切ります。そこで残った物はゴミだけになり。今度は不用品回収業者に、ゴミ回収代金のみを支払うことになります。もちろん、残った粗大ごみは、本当に価値のないゴミだけなので、作業代金、処分代金、お客様のご負担が大きくなってしまう、有名買取店…TVCMなどの業者
    【遺品の買い叩き】現場を今まで数多くみてきました。また、前述したとおり、作業や労働を嫌がる業者の多くは買取業者に多いので、ハウスクリーニング、作業系は全くしないので、遺品整理業者選びは本当に大切だと思います。
  • 大型家具の運搬などお困りでありませんか?
    ・婚礼家具、介護用ベッドの処分に困っている場合
  • 大型家電
    重い一人で持てないドラム式洗濯機。
  • 搬出できないピアノなど
    ピアノ、エレクトーン、学習机など
    昔ながらの家で階段が急で…階段が狭くて出せない…困ったことはご相談ください。
  • 窓から吊り下げて
    窓から吊り下げて搬出したり
    移動式クレーンを使用した作業など遺品整理でお困りの場合はご連絡ください
  • タワーマンション、高級マンション
    遺品整理もお任せください。マンションなど、共有部分フロアや、エレベーター。通路など、運搬する際には、養生シートが必要な場所、各種作業が伴い、引っ越し業者のような、クオリティーが実際には必要な現場も多々あります。経験豊かな遺品整理士にお任せください。
自分自身ご家族での遺品整理(参考)
  • ポイントは仕分け分別・搬出処分
    上記の内容のように マンション、共同住宅、エレベータの養生、通路の養生シート、ダンプやトラックの積込搬出もあります。それだけではありません。お引越しなら、遺品を運搬するだけですが、粗大ごみであれば、各市町村自治体のルールに基づき、仕分け、分別が必要になります。
  • リサイクル家電4品目
    冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、テレビ、エアコン、リサイクル家電4品目は各市町村自治体では処分回収しておりません。型番、メーカー名、年式など、事前に調べてから、郵便局などで、リサイクル券を購入して、お住いのお近くのリサイクルセンターに持ち込みするとリサイクルセンターでは処理することが可能です。また次に記載するお品も、処分できない、自治体が多いです。プロパンガス用ボンベ、その他のガスボンベ、ピアノ、注射器等の鋭利な医療廃棄物、自動車の部品、自動二輪車の部品、タイヤ、タイヤホイール、バッテリー、ボタン電池、ガソリン、灯油、廃油、ペンキ、火薬、発炎筒、コピー機、農薬、劇物類、畳、建築廃材、 がれき類(コンクリート、ブロック、レンガ、タイル)石(砂利、敷石、庭石など)、土(市販の園芸用土含む)太陽熱温水器、耐火金庫、【引っ越し業者】は引っ越しするだけですが、遺品整理は、仕分け、分別、処分まで知識が求められます。どうしても、ご自身で対応できない時、困った場合は、まずはご相談ください。
遺品整理現場・火災保険の適用(参考に)
  • 火災保険の適用 お客様へ(築年数15年以上の戸建てなら調査をオススメ見積無料)
  • 住宅診断調査 (火災保険の適用で現状回復費用が無料になるケースも)
  • 自然被害 (地震、台風、雹災、災害保険適用、物件が60%)
  • 低価格の解体(室内の残置物、買取も対応でコストダウン)
  • 法人さま、大家さんでアパート一棟、マンション一棟 工場など、築年数15年以上で火災保険の契約がある場合はご相談ください。